더멘토성형외과

본문 바로가기

斜鼻(鼻機能障害)

曲がった鼻をまっすぐに

"ザ・メンター美容整形外科 斜鼻(鼻機能障害)修正"は、 鼻機能障害の改善と同時に外鼻形態の審美的な改善まで、症状に応じた適切な施術法で、 再発リスクを軽減し、鼻筋の通ったバランスのよい美しい顔立ちに仕上げます。

斜鼻(鼻機能障害)とは ?

正常に機能している鼻は、息をする通路がきちんと開いて、空気が肺まで十分に流入します。
しかし、鼻炎が悪化しひどい状態になると症状が長引いて慢性化してしまい、鼻腔内部に変形がおよび、 鼻づまりやいびき、嗅覚障害などのさまざまな症状が現れます。
また、鼻腔内が狭まると鼻腔内の粘膜が過敏になり、炎症を起こしやすくなります。
鼻中隔弯曲症を伴っていることも多く、その場合、お互いの症状を助長し合ってより重症化する場合があり、 さらに不快な症状をもたらすこととなります。
このような機能的な問題を改善するのが鼻腔の機能改善手術です。
これにより、鼻づまり、嗅覚障害、頭痛などの慢性的な症状を改善し、 加えて、個々に合わせてデザインした鼻を形成することで、機能性と審美性の改善を両立することができます。
鼻の変形タイプに応じた適切な施術方法で、鼻骨を正しい位置に戻すとともに、 曲がっている鼻中隔軟骨も変形に応じて、切除したり軟骨を細工してまっすぐに矯正します。

斜鼻修正 特長

  • 審美性と機能性を同時に改善
  • バランスのとれた立体感のある顔
  • どの角度から見てもスッキリと整った美しいライン
  • 鼻の形態を繊細な部分まで考慮した自然な仕上がり

斜鼻(鼻機能障害)【このような方に】

  • 斜鼻により顔のバランスが崩れている場合

  • 事故や外傷により鼻が曲がってしまった場合

  • 鼻骨と鼻中隔軟骨が同時に曲がっている場合

  • 斜鼻は軽度だが、鼻関連疾患がひどい場合

鼻整形 素材

素材 イメージ 特徴
シリコン

シリコン

最も古くから使用されてきた医療用素材で、歳月が経っても変形や変質、吸収されることもなく、ゴアテックスに比べ形態をより精巧で自由に整えることができます。
輪郭がはっきり出やすくシャープなラインに仕上がるため、透けて見える可能性もあり、皮膚が薄い場合には不向きです。
ゴアテックス

ゴアテックス

シリコンと並んで最も広く使用されている医療用素材で、人工血管として開発され、現在では形成外科領域において、鼻の手術だけではなく、顎形成や鼻翼基部形成などにも多く使用されています。
シリコンに比べて軟らかく、人体との親和性に優れているため副作用が少なく、感触も非常に自然で、皮膚の薄い方にも適応します。
メドポア

メドポア

形成外科領域では、主に鼻翼基部形成やこめかみ形成、顎形成に広く活用されています。
メドポアは「人工骨」の代表的なもので、ゴアテックス同様、人体との親和性に優れていますが、材質は他の素材に比べ、比較的硬いです。
シリテックス

シリテックス

シリコンとゴアテックスの長所を活かした医療用素材で、シリコンにゴアテックスを薄く貼り合わせた二重構造で、歳月を経てもシリコンが透けて見えることはなく、シリコンの利点であるくっきりとシャープなラインを形成します。
また、ゴアテックスのしなやかで生体親和性の高い自然な感触を維持するとともに、背面のシリコン部分を彫刻することで、歳月を経ても低くなる心配がなく、安定した形態を維持することが可能です。

鼻整形 自家組織の種類

  • 鼻中隔軟骨(Septal Cartilage)

    鼻腔を左右に分け隔てている板状の軟骨

  • 耳介軟骨(Auricular Cartilage)

    鼻中隔軟骨よりも弾力性に優れ、より自然な鼻先を作るのに最も適した素材

  • 肋軟骨(Costal Cartilage)

    他の自家軟骨不足時の最終選択素材。他の素材に比べて硬く、自然さに欠ける。

斜鼻(鼻機能障害) 手術方法

  • 軽度の場合

    01. 切開後、鼻骨骨膜を剥離します。
    02. 凸側の鼻骨を精密な器具を用いて削ります。
    03. 凹側にプロテーゼや自家組織を移植し鼻筋をまっすぐに整えた後、縫合します。
    (鼻が低い場合、プロテーゼと自家組織を利用し隆鼻します)

  • 重度の場合

    01. 切開後、鼻骨骨膜を剥離します。
    02. 曲がっている部分を骨切りし、鼻中隔軟骨をまっすぐに整えます。
    03. 凸側は内側に、凹側は外側に骨切りした鼻骨を正しい位置に移動します。
    04. 鼻先を整えた後、縫合します。
    (鼻が低い場合、プロテーゼと軟骨を使って高くします)

  • 鼻の変形タイプ

    斜鼻は、鼻が曲がっていたり、左右どちらか一方に歪んでいる状態です。
    そのままにしておくと、見た目ばかりでなく健康上にも問題が生じてきます。
    斜鼻は、大きく分類すると、C型(C shape)、S型(S shape)、I型(Straight)の3つに分けられます。
    C型とS型の場合は、鼻先が正中線上に位置していますが、I型は鼻先も左右どちらかに偏位しています。
    このような場合、曲がり具合やタイプ、既往歴など、正確な術前診断と解剖学的知識、様々な技術を組み合わせて
    総合的に判断した適切な施術はもちろんのこと、手術中に臨機応変に変形に対応できる医療陣の技量が必要です。

  • 骨性斜鼻と軟骨性斜鼻の合併タイプ

    斜鼻は、骨性斜鼻と軟骨性斜鼻が合併していることが多く、鼻骨を正しい位置に戻すとともに鼻中隔弯曲修正も重要です。
    これにより鼻の機能的な面も改善され、再発を防止できます。

斜鼻(鼻機能障害) 施術詳細

  • 施術時間

    1時間程度
  • 麻酔方法

    静脈麻酔
  • 入院の有無

    当日退院
  • 術後の通院

    2~3回
  • 回復期間

    5日

비용상담

아래 연락처를 남겨 주시면
상담원이 친절한 상담을 위해 전화로 상담을 도와 드립니다.

이름
관심부위
연락처

- -

상담희망시간
성별

[자세히보기]

비용 상담하기

닫기