더멘토성형외과

본문 바로가기

アナトミカル型豊胸

自然さは基本 弾力あるより美しいバスト ❣

"ザ・メンター美容整形外科のアナトミカル型豊胸"は 個々の体型や骨格、皮膚や脂肪の付き方、元々の胸の大きさや形·位置など様々な要素を考慮し、 黄金比に基づいた自然で美しい曲線を形成します。

アナトミカル型豊胸とは ?

側面から見た際、乳頭を中心に上部は90度、下部は115度で、乳房の解剖学的形態に似たティアドロップ(釣鐘)の形をしています。
下部が大きくボリュームがあり、上部がなだらかに薄くなっているため、 重力に向かって自然に垂れ下がったような自然な外観を得ることができます。
インプラント特有のぽっこり感がなく、感触も非常に柔らかで、流れるように動く、黄金比に適った美しい曲線を生み出します。

アナトミカル型豊胸 特長

  • 体の動きに合わせて柔軟に対応し、自然な動きを実現
  • 胸郭変形や痩せ型で乳房のない方でも自然な仕上がり
  • ラウンドタイプに比べ、大きなサイズのインプラント挿入が容易
  • バスト下部でボリュームアップする本物に近い自然な外観
  • 術後マッサージ不要で、管理が楽

アナトミカル型豊胸【このような方に】

  • 貧乳のためファッションに自信が持てない場合

  • バストの非対称に悩んでいる場合

  • 体重減少によりバストが小さくなってしまった場合

  • 体型に比べてバストが小さい場合

アナトミカル型豊胸 プロテーゼ形態

アナトミカル(ティアドロップ)型

ティアドロップ(釣鐘)型のプロテーゼで、乳房の解剖学的形態と類似の外観を持ちます。
ラウンドタイプと違い、挿入スペース内にぴったり収まっているため、 プロテーゼの位置ズレや被膜拘縮など副作用のリスクが低いです。
加えて、A,B,C,D(下図)の値を求めるなど、術前の正確な診断と黄金比に則ったデザインにより、 満足度の高い自然で美しいバストをお約束します。

*メンター美容整形外科では、米国FDAの認可を取得した100%正規品プロテーゼのみを使用。

  • ラウンド型プロテーゼ

  • アナトミカル型プロテーゼ

  • ラウンド型プロテーゼ

    一般的に最も多く使用されており、 形態の自由度が高く バスト全体にボリュームを出すことができるお椀型

    CHECK POINT

    乳頭からバスト下部までの距離が基準範囲内 バスト上部にボリュームがない場合 バストの位置が基準範囲内 胸郭の大きさが一般的 バストにハリがない場合

  • アナトミカル型プロテーゼ

    乳房の解剖学的形態と類似した、 術後の外観が最も自然な バスト下部でボリュームアップするティアドロップ型

    CHECK POINT

    乳頭からバスト下部までの距離が短い場合 バストが未発達で膨らみがなく扁平な場合 バストの位置が高い場合 胸郭変形の場合 元々バストが大きく下垂していない場合

アナトミカル型豊胸 手術方法

  • 切開部位別手術方法

    腋窩切開

    方法 : ワキの下のシワに沿って2~4cm程度切開

    長所 : - 傷跡が小さく目立ちにくい
        - 乳頭周辺に損傷を与えないため、感度に影響がない
        - 施術時間が短く、回復も早い

    短所 : 術後、脇の可動域が制限される

    乳輪切開

    方法 : 乳輪下線に沿って切開

    長所 : - 挿入スペースの形成が容易
        - 術後の痛みが少なく、腕の運動制限がない

    短所 : 乳輪が小さい場合、不可能

    乳房下溝切開

    方法 : 乳房の下にできるシワに沿って 3~4cm程度切開

    長所 : 最も簡単な手術で施術時間も短い

    短所 : 仰向けになると傷跡が見えやすい

  • プロテーゼの挿入位置別手術方法

    プロテーゼを挿入する位置や深さはバストを形作る上で重要な要素のひとつで、大胸筋と呼ばれる胸の筋肉を基準に、 筋肉の下に挿入する大胸筋下法、上方は筋肉の下で下方は筋肉の上に挿入する二重平面法(Dual Plane)、 筋肉の上に挿入する乳腺下法があります。

    大胸筋下法

    方法 : 大胸筋の下を剥離し挿入

    長所 : 皮膚が薄くても自然で柔らかくボリューム感のあるバストを形成

    短所 : 術後の痛みが強く、回復期間も長い

    二重平面法(Dual Plane)

    方法 : ⅔は大胸筋の下、⅓は大胸筋の上に挿入

    長所 : 筋肉収縮による形態変化が少なく、ダブルバブルを回避

    短所 : 高度な技術が必要なため未熟な医師の執刀では副作用の問題が生じる

    乳腺下法

    方法 : 乳腺と大胸筋膜の間を剥離し挿入

    長所 : 大胸筋剥離の必要がないので、痛みや腫れも少なく、回復も早い

    短所 : 被膜拘縮やリップリングのリスクが高い

胸の整形は個々の身体構造と形態によって、自身の体に相応しいことが重要です。
黄金比に則ったザ・メンター アナトミカル型豊胸は、術後の姿に高い満足度をお約束します。

お一人おひとりのあらゆる角度から見た際の理想的な比率と位置を考慮する必要があり、 術後の姿を綿密に計算し尽くしたデザインであるからこそ、仕上がりに満足していただけます。

アナトミカル型豊胸 施術詳細

  • 施術時間

    2時間前後
  • 麻酔方法

    全身麻酔
  • 入院の有無

    当日退院
  • 術後の通院

    3~5回
  • 回復期間

    7日

비용상담

아래 연락처를 남겨 주시면
상담원이 친절한 상담을 위해 전화로 상담을 도와 드립니다.

이름
관심부위
연락처

- -

상담희망시간
성별

[자세히보기]

비용 상담하기

닫기