더멘토성형외과

본문 바로가기

コヒーシヴシリコンバッグ豊胸

体型に合った自然で豊かなバスト

"ザ・メンター美容整形外科のコヒーシヴシリコンバッグ豊胸"は 個々の体型や骨格、皮膚や脂肪の付き方、元々の胸の大きさや形·位置など様々な要素を考慮し、 バランスの取れた美しい豊かなバストラインを形成します。

コヒーシヴシリコンバッグ豊胸とは ?

コヒーシヴシリコン(cohesive silicon)ジェルバッグは、従来のシリコンジェルのデメリットを改善し、より安全性を高めた、 現在世界で最も多く使用されている米国FDAの認可を取得したプロテーゼ(豊胸バッグ)です。
粘着性や凝集率が高いグミ状のシリコンジェルで、万が一、バッグが破損しても漏出しにくく拡散する心配がありません。
人間の乳腺に極めて近い柔らかさと弾力性があり、従来のプロテーゼに比べ、より本物に近い感触が得られ、 身体の動きに合わせた自然なバストラインを生み出す形状記憶型のプロテーゼです。

コヒーシヴシリコンバッグ豊胸 特長

  • 内容物(シリコン)が非常に柔らかく自然に胸が流れます。
  • どのような動きにも自在に対応し、自然なバストラインを生み出します。
  • 内容物(シリコン)の漏出リスクが非常に低く安全です。
  • 正確な解剖学知識と手技を通じて出血を最小限に抑えた豊胸形成。

コヒーシヴシリコンバッグ豊胸【このような方に】

  • 貧乳のためファッションに自信が持てない場合

  • バストの非対称に悩んでいる場合

  • 体重減少によりバストが小さくなってしまった場合

  • 体型に比べてバストが小さい場合

コヒーシヴシリコンバッグ豊胸 プロテーゼ形態

ラウンド(お椀)型

最も多く使用されている一般的な形態で、バッグの形が丸く円錐形で、胸全体にボリュームを出すことができるプロテーゼです。
自然な胸の形態とは異なるので、自由に形態が変化する自然な乳房に近づけるため、 プロテーゼと被膜の空間をある程度キープさせなくてはなりません。
そのため、プロテーゼの位置がズレる可能性が高く、被膜拘縮やリップリングなど副作用のリスクが比較的高いです。

*ザ・メンター美容整形外科では、米国FDAの認可を取得した100%正規品プロテーゼのみを使用。

プロテーゼ外膜表面構造

タイプ スムースタイプ テクスチャードタイプ
イメージ
性状 ツルツルしたなめらかな表面 微細な凹凸加工が施されたザラザラした表面
手術特徴 プロテーゼが動き回れる広めの挿入スペースを形成 プロテーゼがぴったり固定される挿入スペースを形成
メリット 自然な動きと柔らかな感触 マッサージの必要が無く被膜拘縮のリスクが低い
デメリット 被膜拘縮が発生するため、術後6か月間はマッサージが必要 スムースタイプより若干硬く動きも劣る
このような方に
お勧め
-ハリや弾力がなくなったバスト
-柔らかいがボリュームがないバスト
-ある程度ボリュームのあるバスト
-乳房組織や筋肉が硬くマッサージが困難なバスト
タイプ スムースタイプ
イメージ
性状 ツルツルしたなめらかな表面
手術特徴 プロテーゼが動き回れる広めの挿入スペースを形成
メリット 自然な動きと柔らかな感触
デメリット 被膜拘縮が発生するため、術後6か月間はマッサージが必要
このような方に
お勧め
-ハリや弾力がなくなったバスト
-柔らかいがボリュームがないバスト
タイプ テクスチャードタイプ
イメージ
性状 微細な凹凸加工が施されたザラザラした表面
手術特徴 プロテーゼがぴったり固定される挿入スペースを形成
メリット マッサージの必要が無く被膜拘縮のリスクが低い
デメリット スムースタイプより若干硬く動きも劣る
このような方に
お勧め
-ある程度ボリュームのあるバスト
-乳房組織や筋肉が硬くマッサージが困難なバスト

コヒーシヴシリコンバッグ豊胸 手術方法

  • 切開部位別手術方法

    腋窩切開

    方法 : ワキの下のシワに沿って2~4cm程度切開

    長所 : - 傷跡が小さく目立ちにくい
        - 乳頭周辺に損傷を与えないため、感度に影響がない
        - 施術時間が短く、回復も早い

    短所 : 術後、脇の可動域が制限される

    乳輪切開

    方法 : 乳輪下線に沿って切開

    長所 : - 挿入スペースの形成が容易
        - 術後の痛みが少なく、腕の運動制限がない

    短所 : 乳輪が小さい場合、不可能

    乳房下溝切開

    方法 : 乳房の下にできるシワに沿って 3~4cm程度切開

    長所 : 最も簡単な手術で施術時間も短い

    短所 : 仰向けになると傷跡が見えやすい

  • プロテーゼの挿入位置別手術方法

    プロテーゼを挿入する位置や深さはバストを形作る上で重要な要素のひとつで、大胸筋と呼ばれる胸の筋肉を基準に、 筋肉の下に挿入する大胸筋下法、上方は筋肉の下で下方は筋肉の上に挿入する二重平面法(Dual Plane)、 筋肉の上に挿入する乳腺下法があります。

    大胸筋下法

    方法 : 大胸筋の下を剥離し挿入

    長所 : 皮膚が薄くても自然で柔らかくボリューム感のあるバストを形成

    短所 : 術後の痛みが強く、回復期間も長い

    二重平面法(Dual Plane)

    方法 : ⅔は大胸筋の下、⅓は大胸筋の上に挿入

    長所 : 筋肉収縮による形態変化が少なく、ダブルバブルを回避

    短所 : 高度な技術が必要なため未熟な医師の執刀では副作用の問題が生じる

    乳腺下法

    方法 : 乳腺と大胸筋膜の間を剥離し挿入

    長所 : 大胸筋剥離の必要がないので、痛みや腫れも少なく、回復も早い

    短所 : 被膜拘縮やリップリングのリスクが高い

コヒーシヴシリコンバッグ豊胸 施術詳細

  • 施術時間

    2時間前後
  • 麻酔方法

    全身麻酔
  • 入院の有無

    当日退院
  • 術後の通院

    3~5回
  • 回復期間

    7日

비용상담

아래 연락처를 남겨 주시면
상담원이 친절한 상담을 위해 전화로 상담을 도와 드립니다.

이름
관심부위
연락처

- -

상담희망시간
성별

[자세히보기]

비용 상담하기

닫기