利用規約

第1章 総則

第1条(目的)
この規約はメンター美容整形外科(以下、当院)が運営するウェブサイト www.thementorps.com(以下、当ウェブサイト)を通じて提供するあらゆるサービス(以下、サービス)の利用に関し、当院と利用者の権利や義務および責任事項、その他必要な事項を規定することを目的とします。

第2条(定義)
この規約において使用する用語の定義は次のとおりとします。
⒈「利用者」:本規約に基づき、当院が提供するサービスを受ける会員および非会員
⒉「利用契約」:本規約に基づき、当院と会員の間で締結するサービスの提供に関する契約
⒊「加入」:本規約に同意した上で、当院が提供する申請書等様式に該当事項を記入し、サービス利用契約を完了させる行為
⒋「会員」:当院に個人情報を提供して会員登録を済ませた者
⒌「ID」:会員の識別とサービスの利用のため会員が選定し、当院が承認する固有の英文字と数字の組み合わせ
⒍「パスワード」:IDにより識別される会員の情報保護および本人認証のため、会員自身が設定して当院に登録した固有の英文字と数字、特殊文字の組み合わせ
⒎「利用解除」:利用契約成立後、当院または会員が意思表示によってその契約を終了させる行為

第3条(規約の効力と改定)
⒈ この規約は、当ウェブサイトを通じてオンラインでお知らせすることによって效力を生じます。
⒉ 当院は、必要に応じて本規約の内容を関係法令に違反しない範囲内で変更することができ、変更後の本規約は、正当な手続きに従ってお知らせすることにより、效力を生じます。「サービス」画面告知後7日以降も拒否の意思表示をせず、サービスを引き続き使用する場合は、変更後の本規約に同意したものとみなされます。
⒊ 会員は変更された規約に同意しない場合、サービス利用を中止し登録解除(同意撤回)を申し出ることができ、引き続き使用する場合は変更後の本規約に同意したものとみなされ、変更後の本規約の効力の発生については前項の定めが適用されます。

第4条(準用規定)
この規約に定めのない事項と本規約の解釈については、電気通信基本法、電気通信事業法およびその他関係法令の規定に従います。

第2章 サービス利用契約の締結

第5条(利用契約の成立)
利用契約は、利用者の利用契約内容への同意とその利用申請に対する当院の承諾により成立します。

第6条(利用申請)
サービスを利用しようとする者は、この規約に同意した上で、サービスの会員情報登録画面に従って当院が要求する個人情報を提供することにより利用申請を行うことができます。

第7条(利用申請の承諾と制限)
⒈ 当院は、会員が第6条に定めた必要事項を正確に記載し利用申請を行った場合、特別な事情がない限りサービスの利用を承諾します。
⒉ 当院は、次の各号のいずれかに該当する利用申請に対しては、当該申請を承諾しない場合があります。
①本人の実名で利用申請していない場合
②他人の名義を使用して利用申請した場合
③申請事項に虚偽の情報を提供した場合
④社会の安定や秩序または公序良俗を阻害する目的で利用申請した場合
⑤その他当院が定めた利用申請要件に不備がある場合

第3章 契約当事者の義務

第8条(契約事項の変更)
会員は登録情報に変更が生じた場合、速やかに変更を行うものとする。変更を怠ったことに起因する全ての問題の責任は会員にあります。

第9条(当院の義務)
当院は、サービスを提供する過程で知り得た利用者の個人情報を本人の承諾なしに第三者に漏洩、配布しません。ただし、電気通信基本法など法律の規定によって国家機関の要請がある場合、犯罪に対する捜査上の目的がある場合、またはその他関係法令で定めた手続きによる要請がある場合にはこの限りではありません。

第10条(利用者の義務)
⒈ 利用者は、この規約で定めた全ての事項、サービス利用案内および注意事項を遵守しなければなりません。
⒉ 利用者は、自身のIDとパスワードに関する全ての管理義務を負い、IDとパスワードの使用によって生じる全ての結果およびそれに伴う一切の責任は利用者に帰属します。
⒊ 利用者は、営利、営業等を目的としてサービスを利用してはならず、当該行為によって生じた結果について、当院は一切の責任を負いません。
⒋ 利用者は、サービス利用権限、その他利用契約上の地位を他人に譲渡・贈与することはできません。また、これを担保として提供することもできません。
⒌ 利用者は、サービスを利用する際、次の各号に該当する行為を行ってはならない。
①他の利用者のIDを不正に使用する行為
②当ウェブサイトまたは当院の提供した情報の一部または全部を任意に削除、変更する行為
③本サービスを利用して得た情報を複製、出版など第三者に提供する行為
④当院または第三者の知的財産権、その他権利を侵害する行為
⑤社会秩序または公序良俗に反する情報を流布する行為
⑥犯罪に値すると客観的に判断される行為
⑦その他関係法令に違反する行為
⒍ 利用者は、サービスを利用する際、次の各号に該当する行為を行ってはならない。

第4章 サービス利用

第11条(掲示物管理および削除)
当院は、効率的なサービス運営のため、会員のメモリ空間、メッセージサイズ、保管日数等を制限することができ、会員の掲示物が次の各号に該当する場合、事前の通知および承諾なしに削除することができます。
①当院、他の会員またはその他の第三者を誹謗中傷、謀略、名誉毀損する内容の場合
②社会秩序または公序良俗に反する内容の場合
③犯罪に値すると認められる内容の場合
④当院、他の会員またはその他の第三者の知的財産権、その他権利を侵害する内容の場合
⑤猥褻物を掲示、またはアダルトサイトにリンクする場合
⑥その他関係法令に違反すると判断される内容の場合

第12条(掲示物の著作権)
⒈ 会員の掲示物の著作権はその会員に帰属します。
⒉ 会員はサービスを利用して得た情報を加工、販売等、商業的に利用してはなりません。

第13条(サービス利用時間)
サービスの利用は当院の業務上または技術上特別な支障がない限り、原則として年中無休、1日24時間利用可能です。ただし定期点検などの事由発生時は除きます。

第14条(サービス利用責任)
サービスを利用して、ハッキング、アダルトサイトリンク、商用ソフトウェアの違法配布等の行為を禁止します。当該違反によって生じた営業活動の結果および損失、関係機関による拘束、法的措置等については、全面的に利用者の責任とし、当院は一切の責任を負いません。

第15条(サービス提供の中止)
当院は、次の各号に該当する場合、サービス提供を中止することができます。
①サービス用設備の保守等、工事によりやむを得ない場合
②電気通信事業法に規定する電気通信事業者が電気通信サービスを中止した場合
③システム点検が必要な場合
④その他不可抗力の事由がある場合

第5章 契約解除およびサービスの利用制限

第16条(契約解除および利用制限)
⒈ 会員が利用契約を解除する場合、会員本人がサービス内の会員退会メニューを利用して解除をしなければならず、当院は本人認証完了後直ちに措置します。
⒉ 当院は会員が次の各号に該当する行為を行った場合、当該会員に対し、解除措置30日前までに利用解除事由、利用解除に対する意見陳述の機会の付与を通知します。
①他人の個人情報、IDおよびパスワードを盗用または不正利用した場合
②サービス運営を故意に妨害した場合
③虚偽の加入申請をした場合
④利用申請者が既に会員である場合(二重登録の場合)
⑤社会秩序および公序良俗を害する内容を故意に流布させた場合
⑥当院または他人の名誉を毀損したり不利益を与える行為をした場合
⑦サービスの安定的運営を妨害する目的で膨大な情報や広告性を有する情報を伝送した場合
⑧情報通信設備の誤作動や情報などの破壊を誘発させるコンピュータウイルスプログラム等を流布した場合
⑨当院、他の会員またはその他の第三者の知的財産権、その他権利を侵害した場合
⑩会員が自身のウェブサイトや掲示板等に猥褻物を掲載したりアダルトサイトをリンクしている場合
⑪その他関係法令に違反すると判断される場合

第6章 損害賠償およびその他事項

第17条(損害賠償)
当院は無料で提供するサービスの利用に起因して、会員にいかなる損害が生じても、当該損害が会社の故意または重過失による場合を除き、一切の賠償責任を負いません。

第18条(免責条項)
⒈ 次の各号に該当する場合、当院の責任が免除されます。
①天災地変、戦争またはその他これに準ずる不可抗力によりサービスを提供できない場合
②サービス用設備の保守、交換、定期点検、工事等、やむを得ない事由によりサービスが中止されたり障害が発生した場合
③利用者の帰責事由によるサービスの中止、利用障害または損害、契約解除の場合
⒉ 当院は、利用者がサービスを利用し、期待する収益やサービスを得られないことに対する責任を負わず、サービスの取捨選択または利用により生じる損害等についても責任を負いません。
⒊ 当院は、利用者または第三者がサービス内、あるいはウェブサイト上に掲示または伝送した情報、資料、事実の信頼性、正確性等の内容については責任を負いません。

第19条(準拠法および管轄裁判所)
⒈ 当院と利用者の間で提起された訴訟は、大韓民国法を準拠法とします。
⒉ サービスの利用により生じた紛争につき訴訟を提起する場合、当院の所在地を管轄とする裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

–制定施行:2013年1月31日
–最終改定日:2013年1月31日

ページのトップへ戻る