注入異物による後遺症 身体的·精神的苦痛を取り除

異物除去について

異物除去とは ?

料金の安さや効果が長持ちする、極めて簡単にできるなどという理由で、
ディスカウントした質の低い美容施術を安易に選択してしまうと、
後遺症(副作用)に悩まされ、身体的にも精神的にも苦痛を与え続ける場合があります。
違法医療行為や無資格者による非医療用物質の注入なども、社会的に大きな問題となっています。
異物除去は、除去のみではなく復元もまた重要で、臨機応変に対応できる高度な熟練した技術が必要です。
高度な技術力と繊細な美的感覚、豊富な経験、蓄積されたノウハウを持つメンター美容整形外科の専門医は、
異物を入れる前の形態に最大限近づけた自然な仕上がりを実現します。

違法医療行為における後遺症(副作用)の危険性 !

現在は医療技術も発達し、注射や簡易的な施術で行えるメスを使わない手軽な美容医療が普及したことで、
いかにも整形手術という印象は薄れ、幅広い年齢層、男女問わずニーズのあるものとなっています。
しかし、一方では、医療の質の徹底的な削減を行いディスカウント美容施術を行う粗悪な美容医療や
無資格者の違法医療行為が後を絶たず、成分の安全性が明確でないフィラー、不法コラーゲン、パラフィン、
工業用シリコン、ワセリン、非吸収性のアクリル樹脂、成分不詳の混合物などの
不法薬剤注入によるトラブルが急増し、患者の安全が脅かされています。
最高の技術を持った専門医は、極端な低価格の施術費用で、最低価格の医療材料のみを採用し、
しっかりしたアフターケアを怠るような美容治療を行うことはありません。

このような方にお勧め

  • 無資格者による施術(闇手術)を受けた場合
  • 施術部位が腫れたり硬いしこりができるなど拒絶反応が起きている場合
  • 施術の際に、脂肪やフィラーなどの過度な注入を受けた場合
  • 注入薬剤の誤った使用や失敗によってトラブルが生じている場合

手術方法

アキュスカルプⅡ

アキュスカルプⅡ

1:1 オーダーメイドカウンセリング

臨床経験豊富な専門医療陣による施術

復元および安全治療

一人ひとりに最適化されたトータルケア提案

韓国 新聞·雑誌·オンライン記事

ウーマンセンス·東亜日報·イーデイリー·デジタルタイムズ·イーニューストゥデイ·スポーツソウル

あきらめずにご相談ください

患者さん本来の笑顔を取り戻すことがメンター美容整形外科の願いです。

ディスカウントした粗悪な美容医療や違法医療行為(闇手術)の後遺症により、
深い苦痛や絶望感に苛まれている場合、躊躇わずに、ひとまず相談から始めてみることをお勧めします。
整形の後遺症は時間が経つほど悪化する可能性が高いため、癒着が酷くなる前に除去することで、
皮膚の異常反応を事前に防げ、除去後の回復も早く済みます。
肝に銘じてください。異物除去は美容整形ではなく治療です !

手術前注意事項

  • 手術前の食事について

    局所麻酔の場合…軽食
    睡眠麻酔の場合…4時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)
    全身麻酔の場合…8時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)

  • 服装…普段着
    (サングラス·帽子·マフラー等、必要な方はご用意ください。マスクは当院で準備しております。)

    顔輪郭、胸手術を受けられる方
    (脱ぎ着しやすいゆったりとした前開きの服)

    脂肪移植、脂肪吸引手術を受けられる方
    (ゆったりとしたジャージやスウェット、スカート)

  • ネイル(両手両足)は必ず除去し、コンタクトレンズ、貴金属類はできるだけ外してご来院ください。

  • 服用中の薬やサプリメントがあれば必ず報告してください。

    例:鎮痛剤、 ビタミン剤、 ホルモン剤、 精神安定剤、 漢方薬など

  • 過去に罹患した大きな病気、現在治療中や経過観察中の疾患がある場合、必ず報告してください。

    例:出血性疾患、 糖尿、 高血圧、 肺結核、 感染症、 性病など

  • 手術当日の車の運転は厳禁です。

  • 手術の2週間前から禁酒、禁煙してください。

手術後注意事項

  • 手術後2~3日は、枕を高くしてお休みください。

  • 室内や室外で軽く身体を動かすことで、腫れ予防と術後の回復を促します。

  • 洗顔やシャワーは抜糸後翌日から可能です。

    抜糸前の手術創の水濡れは、炎症を起こすことがあります。

  • 手術当日より3日間は患部を冷やし(アイシング)、4日目からは温めて(ホットパック)ください。

  • 手術後少なくとも2~4週間は、手術部位を強く触る、擦る、掻くなど強い刺激を与える行為、飲酒、喫煙、サウナ、岩盤浴、激しい運動(大量の汗をかく)は控えてください。

  • 身体を深く曲げることや、頭が心臓の高さよりも下がるような姿勢は避けてください。

    手術部位に血液が集中し腫れやむくみが生じやすくなります。

  • 処方薬は、決められた時間、回数、量を守って服用してください。

    処方薬を服用しても効果がない、あるいは好ましくない作用があった場合は、自己判断せず、必ずご相談ください。

ページのトップへ戻る