メイク感覚でプチ整形


"メンター美容整形外科のボツリヌストキシン注入"は
米国FDA、欧州CE、韓国KFDAの認可を取得した100%正規品のドイツMERZ社製ゼオミン、
韓国KFDAの認可を取得した100%正規品の韓国HUGEL社製ボツラックスを定量使用
します。
豊富な経験と繊細な美的感覚で、正確な位置に適切な量を注入することで
より自然で滑らかな美しい仕上がりを実現します。

ボツリヌストキシン注入について

ボツリヌストキシン注入とは ?

ボツリヌストキシン製剤は、ボツリヌス菌から産生される神経毒素を精製、希釈して製造した人体に無害な治療剤です。
この毒素は、神経伝達物質(アセチルコリン)のはたらきを抑制し、一定期間筋肉の動きを麻痺させる働きがあります。
額の横ジワ、眉間の縦ジワ、目尻のシワ(カラスの足跡)など表情ジワと呼ばれる頑固なシワの筋肉を見極め、
数ヶ所にこのボツリヌストキシン製剤を微量注入することにより、シワの原因そのものを断ち、
すでにあるシワを目立たなくするのはもちろん、将来のシワまで予防することが可能です。
エラの縮小やふくらはぎの筋肉萎縮、多汗症などにも効果を発揮します。
ボツリヌストキシン製剤は海外の各メーカーから販売されており、
一般名化しているボトックスは、施術法の名前ではなく、特定の商品名です。

このような方にお勧め

  • 表情ジワ
    笑ったり顔をしかめたりする時、額の横ジワ、眉間の縦ジワ、目尻のシワなどが目立つ場合
  • エラ
    咀嚼筋(奥歯を噛み締めた時、盛り上がる筋肉)の発達により、エラが張り出している場合
  • ふくらはぎ
    腓腹筋(カカトを上げる動作で使われる筋肉)の発達により、ふくらはぎが凸凹していて、ししゃも足の場合
  • 多汗症
    気温や運動とは関係なく、手のひら、足の裏、ワキなどに、必要以上に汗が分泌される場合

ボツリヌストキシン注入メリット

  • 即効性があり、術後、すぐに効果を確認できます。
  • 短時間の施術で、ダウンタイムもほとんどなく日常生活に支障がありません。
  • 一度注入した後でも、再注入したり、効果を緩和させることが可能です。
  • ボツリヌストキシンの成分は時間の経過とともに徐々に体内に吸収されます。

ボツリヌストキシン種類

ゼオミン(ドイツ メルツ社)、ボツラックス(韓国 ヒューゲル社)

よくある質問

Q1 : ボツリヌストキシン注入は、何度も受けなければなりませんか ?

A1 : ボツリヌストキシンの効果は一時的なもので、残念ながら永久的な効果はありません。
繰り返すことで治療間隔が延びることはあるかもしれませんが、治療しなくてもすむようにはなりません。
一般的に2回目以降の治療効果は初回より長く持続すると言われています。

Q2 : エラのボツリヌストキシン注射後、食事には影響ないですか ?

A2 : 注射するターゲットとなる筋肉や正しい深さに注射すればそのようなことはありません。
食事の時に使う咀嚼筋は咬筋·側頭筋·内側翼突筋·外側翼突筋の4つがありますが、
エラ縮小の場合は咬筋という筋肉だけに作用させます。咬筋の力が弱くなっても特に問題はありません。
硬いものをよく食べていると筋肉の戻りが早くなるので気を付けてください。

Q3 : ボツリヌストキシンの効果はいつごろから出てきますか ?

A3 : シワに対する注射の場合、効果は3日頃から出始め、1週間位するとしっかり効果が現れます。
エラに対する注射の場合、咬筋が委縮し、減ってくるまでに1か月位かかります。
さらに4~6か月おきに5回程度注射すると、委縮した筋肉が元通りになるのを防ぐことが出来ます。

手術前注意事項

  • 手術前の食事について

    局所麻酔の場合…軽食
    睡眠麻酔の場合…4時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)
    全身麻酔の場合…8時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)

  • 服装…普段着
    (サングラス·帽子·マフラー等、必要な方はご用意ください。マスクは当院で準備しております。)

    顔輪郭、胸手術を受けられる方
    (脱ぎ着しやすいゆったりとした前開きの服)

    脂肪移植、脂肪吸引手術を受けられる方
    (ゆったりとしたジャージやスウェット、スカート)

  • ネイル(両手両足)は必ず除去し、コンタクトレンズ、貴金属類はできるだけ外してご来院ください。

  • 服用中の薬やサプリメントがあれば必ず報告してください。

    例:鎮痛剤、 ビタミン剤、 ホルモン剤、 精神安定剤、 漢方薬など

  • 過去に罹患した大きな病気、現在治療中や経過観察中の疾患がある場合、必ず報告してください。

    例:出血性疾患、 糖尿、 高血圧、 肺結核、 感染症、 性病など

  • 手術当日の車の運転は厳禁です。

  • 手術の2週間前から禁酒、禁煙してください。

手術後注意事項

  • 手術後、体質や体調、注入部位によっては、腫れ、内出血、かゆみなどが生じる場合がありますが、全て時間の経過とともに自然に治っていきます。

  • 手術後4時間程度は、横にならないでください。

    重力によって注入した薬液が他の部位に拡散する可能性があります。

  • 洗顔や化粧は手術翌日から可能ですが、手術後1週間は、ボトックスの拡散防止のため、手術部位を強く押す、圧迫する、擦る、掻く、マッサージなど強い刺激を与える行為は控えてください。

  • ボトックスは熱に弱いため、手術後1週間は、熱いお風呂、サウナなど手術部位を温める行為は控えてください。身体を温めすぎてしまうと効果が弱くなる可能性があります。

  • エラにボトックス注入をした場合、硬いナッツ類やガムなど筋肉に刺激を与える食べ物は控えてください。

    習慣的に歯を強く噛み締めたり、硬い食べ物を好んで食べると効果が長続きしない場合があるので、ご注意ください。

  • 注射部位の違和感や痛みが1日中続いたり、赤く腫れ炎症を起こしている場合は、自己判断せず、必ずご連絡ください。

  • 1回の注入による持続効果は6か月程度ですが、効果を持続させたい場合は、数回の継続施術を受けられることをお勧めします。

  • 手術後1週間は、飲酒、喫煙は控えてください。

ページのトップへ戻る