細く滑らか自然な曲線 エラ矯正


"メンター美容整形外科のエラ矯正"は
張り出したエラを除去し、顎先まで細く滑らかなラインを形成します。

エラ矯正について

エラ矯正とは ?

下顎骨が角ばった広い顎(エラが張った顔)は、それだけできつい印象になり、
実際の顔の大きさよりもさらに大きく見られてしまいがちです。
このような場合に、口腔内切開によりエラの骨を切除して縮小させ、それと同時に顎先まで形を整え、
フェイスラインを理想的なVラインに矯正します。
また、人によって顔の形や原因が多種多様であるため、一人ひとりに応じた最適な施術法で最高の美しさを提供します。

このような方にお勧め

  • エラが張り顎先が大きく幅広い場合
  • 顎が平均より長かったり、左右非対称な場合
  • きつい印象を与えたり、顔が大きく見える場合
  • 咀嚼筋が発達(咬筋肥大)し、下顎骨も厚い場合
  • 正面、側面、上顎前突、下顎前突など同時改善希望の場合
  • 他院で受けた手術の修正

エラ矯正効果

手術方法

下顎角形成術 エラが大きく張り出している場合:耳の下にある顎の骨を前方のオトガイに近い部分まで切除する手術です。

皮質骨切除術 正面から見たとき下顎骨全体が厚い場合:顎骨の厚みを減少させ、正面から見たときの顎をすっきりさせる効果が高い手術です。

T字骨切り術 正面から見たとき顎が広くて大きい場合:T字の形で骨切りし、その骨を真ん中へ集めて固定し、顎骨の面積を小さくする手術です。

バッカルファット除去術 頬やフェイスラインの脂肪が多い場合:エラ切除と並行して行うことにより、高い効果を得ることができます。

咬筋縮小術 エラの筋肉肥大により正面から見たとき顎が広く見える場合:下顎角や皮質骨切除と並行して咀嚼筋の咬筋深部を切除し、筋肉の厚みを減らすことにより、高い効果を得ることができます。

タイプ別施術方法

顎先まで広く大きいエラ張り

顎先まで広く大きいエラ張りは、一般的な下顎角形成術(エラ削り)だけでは、正面像の変化が乏しいため、
Vライン形成手術も併せて行うことで、側面のみならず正面から見ても、ともに高い効果が得られます。

顎が長いエラ張り

顎が長いエラ張りは、一般的な下顎角形成術(エラ削り)だけでは、かえって顔が長く見えてしまう場合があり、
併せてVライン形成手術を行うことで顎の長さも同時に短縮し、バランスの取れたフェイスラインを得ることができます。

顎が非対称なエラ張り

顎が非対称のエラ張りは、一般的な下顎角形成術(エラ削り)だけでは、顔がさらに歪んで見えてしまう場合があります。
咬合に問題なければ、併せて顎先をT字に骨切りし移動することで、シンメトリーな小顔を得ることができます。

手術前注意事項

  • 手術前の食事について

    局所麻酔の場合…軽食
    睡眠麻酔の場合…4時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)
    全身麻酔の場合…8時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)

  • 服装…普段着
    (サングラス·帽子·マフラー等、必要な方はご用意ください。マスクは当院で準備しております。)

    顔輪郭、胸手術を受けられる方
    (脱ぎ着しやすいゆったりとした前開きの服)

    脂肪移植、脂肪吸引手術を受けられる方
    (ゆったりとしたジャージやスウェット、スカート)

  • ネイル(両手両足)は必ず除去し、コンタクトレンズ、貴金属類はできるだけ外してご来院ください。

  • 服用中の薬やサプリメントがあれば必ず報告してください。

    例:鎮痛剤、 ビタミン剤、 ホルモン剤、 精神安定剤、 漢方薬など

  • 過去に罹患した大きな病気、現在治療中や経過観察中の疾患がある場合、必ず報告してください。

    例:出血性疾患、 糖尿、 高血圧、 肺結核、 感染症、 性病など

  • 手術当日の車の運転は厳禁です。

  • 手術の2週間前から禁酒、禁煙してください。

手術後注意事項

  • 口腔内粘膜の切開部分が治癒するまで口腔内消毒を行ってください。

    処方したクロルヘキシジングルコネート洗口薬で、1時間に1回程度および毎食後にうがいしてください。
    うがい方法:切開部分に洗口薬が行き渡るように含み、そのまま1分程度溜めた後、流しだすように吐き出すことが重要です。
    激しいブクブクうがいや強く吐き出すなど、縫合箇所に力が加わる動きは控えてください。

  • 手術後の食事は、手術創が治癒するまで、流動食や軟食を摂取してください。

    術後4週間は、刺激の強い食べ物(熱いもの·辛いもの·堅いもの)は避けてください。

  • 圧迫テープや包帯は、出血やむくみを緩和するために術後5日間は外さないでください。

  • 包帯除去後4週間(可能な範囲で)は、フェイスバンテージを着用してください。

    フェイスバンテージを着けないと、皮膚のたるみやシワが出たり、仕上がりに差が出てきます。また、圧迫することで痛みの軽減や腫れを早く引かせる効果があります。

  • 腫れや内出血を最小限に抑えるため、就寝時は上体を高くしてお休みください。

  • 室内や室外で軽く身体を動かすことで、腫れ予防と術後の回復を促します。

  • 手術後2週間〜4週間は手術部位を強く触る、擦る、掻くなど強い刺激を与える行為、飲酒、喫煙、サウナ、入浴(シャワー可)、激しい運動(大量の汗をかく)は控えてください。

  • 身体を深く曲げることや、頭が心臓の高さよりも下がるような姿勢は避けてください。

    手術部位に血液が集中し腫れやむくみが生じやすくなります。

  • 処方薬は、決められた時間、回数、量を守って服用してください。

    処方薬を服用しても効果がない、あるいは好ましくない作用があった場合は、自己判断せず、必ずご相談ください。

ページのトップへ戻る