メリハリのあるフェイスライン


"メンター美容整形外科のシリコンプロテーゼ挿入"は
メリハリのあるバランスの整った顔立ちに仕上げます。

額プロテーゼについて

額プロテーゼとは ?

額が平べったかったり非対称な場合、または凸凹していたりくぼんでいる場合に
オーダーメイドシリコンプロテーゼを挿入し、高さや丸さを出しボリューム感を与えます。
単純に膨らませるのではなく、ヘアラインから額、眉毛、鼻と頬、唇から顎まで続く側面ラインを考慮して、
メリハリのある自然な立体感を生み出します。

このような方にお勧め

  • ボリュームのある額を望む場合
  • 額が凸凹していたり不自然にくぼんでいる場合
  • 額が平べったかったり陥没している場合
  • 眉骨が突出していて相対的に額が凹んでいるように見える場合
  • 額の幅が狭い場合

額プロテーゼ手術方法

術前1~2週間前に、個々の額形態に合わせてシリコンプロテーゼをオーダーメイドで製作します。
ヘアライン後方を2~3㎝程度切開後、額部分を剥離し、事前に製作しておいたプロテーゼを挿入します。
切開部位を縫合後、額を圧迫包帯で巻いて仕上げます。
頭皮内の小切開からアプローチするため、傷跡が目立つ心配もなく、半永久的に効果を維持することができます。

鼻翼基部プロテーゼについて

鼻翼基部プロテーゼとは ?

鼻翼(小鼻)の付け根や、鼻柱(鼻の穴と穴の間の部分)の付け根が陥没していると、
顔面の中央部分が後退してぺちゃんこ顔のように平面的で、疲れた印象を与えます。
また、法令線が深くなりやすく、口元が出て見えます。
陥没した部分にシリコンプロテーゼを挿入し、持ち上げて前方に出すことにより、
立体的で明るい印象に、法令線の凹みや出て見える口元を引き締まった印象に改善します。

このような方にお勧め

  • 鼻周辺が凹んで口元が出て見える場合
  • 法令線が深い場合
  • 口元のシワや法令線によって老けてみえる場合
  • ガミースマイル(笑顔で歯茎が露出する状態)の場合
  • 顔の立体感がない場合

鼻翼基部プロテーゼ手術方法

上口唇の裏側の粘膜を左右1~2cm程度切開後、
鼻翼や鼻柱の付け根を上顎の骨から剥離し、骨膜の下にシリコンプロテーゼを挿入します。
陥没した部分を前方に持ち上げることにより、
法令線の凹みが浅くなり、口元の突出を改善し、顔の立体感を高めます。
口腔内からのアプローチのため傷跡が残る心配もなく、半永久的に持続し、万が一術後矯正が必要な場合にも、
自家組織や散乱した異物と異なり抜去が容易で、きちんと元の状態に戻すことが可能です。

顎先プロテーゼについて

顎先プロテーゼとは ?

日本人は、比較的顎が小さく内側に引っ込んでいる人が多く、顔全体の印象が平べったい印象に見られがちです。
また、見た目の問題だけでなく、首にたるみが出やすい、顎先に梅干しのようなシワができるなどの問題も出てきます。
横顔の美しさの基準として、鼻の先端と顎の先端を結んだエステティックライン(Eライン)があります。
顔と顎のバランスは非常に重要で、顎があるとないとでは雲泥の差があります。
骨格に沿ったシリコンプロテーゼを挿入し、どの角度から見てもバランスのよいフェイスラインに整えることで
たるみやシワを改善し、口元が引き締まった垢抜けた印象に仕上げます。

このような方にお勧め

  • 顎先が短く引っ込んでいる場合
  • 顎先が広く丸みを帯びて、首と顎との境目が曖昧な場合
  • 咬合は正常だが、顎先が未発達の場合
  • 顔のバランスを整えたい場合
  • 顎が小さく相対的に口元が突出してみえる場合

顎先プロテーゼ手術方法

下唇裏側の粘膜を小切開後、
下顎骨のカーブに沿って自然なカーブを描くよう予め整えたプロテーゼを骨膜下に挿入し縫合します。
顎の形を多様に変形させることができ、自然で違和感のない顎のラインを形成し、顎の前方先端にボリュームを出すことで、
のっぺりとした平面的な印象から立体的で洗練されたフェイスラインへと改善します。
術後矯正が必要な場合にも、自家組織や散乱した異物と異なり抜去が容易で、きちんと元の状態に戻すことが可能です。

手術前注意事項

  • 手術前の食事について

    局所麻酔の場合…軽食
    睡眠麻酔の場合…4時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)
    全身麻酔の場合…8時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)

  • 服装…普段着
    (サングラス·帽子·マフラー等、必要な方はご用意ください。マスクは当院で準備しております。)

    顔輪郭、胸手術を受けられる方
    (脱ぎ着しやすいゆったりとした前開きの服)

    脂肪移植、脂肪吸引手術を受けられる方
    (ゆったりとしたジャージやスウェット、スカート)

  • ネイル(両手両足)は必ず除去し、コンタクトレンズ、貴金属類はできるだけ外してご来院ください。

  • 服用中の薬やサプリメントがあれば必ず報告してください。

    例:鎮痛剤、 ビタミン剤、 ホルモン剤、 精神安定剤、 漢方薬など

  • 過去に罹患した大きな病気、現在治療中や経過観察中の疾患がある場合、必ず報告してください。

    例:出血性疾患、 糖尿、 高血圧、 肺結核、 感染症、 性病など

  • 手術当日の車の運転は厳禁です。

  • 手術の2週間前から禁酒、禁煙してください。

手術後注意事項

  • 口腔内粘膜の切開部分が治癒するまで口腔内消毒を行ってください。

    処方したクロルヘキシジングルコネート洗口薬で、1時間に1回程度および毎食後にうがいしてください。
    うがい方法:切開部分に洗口薬が行き渡るように含み、そのまま1分程度溜めた後、流しだすように吐き出すことが重要です。
    激しいブクブクうがいや強く吐き出すなど、縫合箇所に力が加わる動きは控えてください。

  • 手術後の食事は、手術創が治癒するまで、流動食や軟食を摂取してください。

    術後4週間は、刺激の強い食べ物(熱いもの·辛いもの·堅いもの)は避けてください。

  • 手術後2~3日は、枕を高くしてお休みください。

  • 室内や室外で軽く身体を動かすことで、腫れ予防と術後の回復を促します。

  • 洗顔やシャワーは抜糸後翌日から可能です。

    抜糸前の手術創の水濡れは、炎症を起こすことがあります。

  • 手術当日より3日間は患部を冷やし(アイシング)、4日目からは温めて(ホットパック)ください。

  • 手術後少なくとも2~4週間は、手術部位を強く触る、擦る、掻くなど強い刺激を与える行為、飲酒、喫煙、サウナ、岩盤浴、激しい運動(大量の汗をかく)は控えてください。

  • 身体を深く曲げることや、頭が心臓の高さよりも下がるような姿勢は避けてください。

    手術部位に血液が集中し腫れやむくみが生じやすくなります。

  • 処方薬は、決められた時間、回数、量を守って服用してください。

    処方薬を服用しても効果がない、あるいは好ましくない作用があった場合は、自己判断せず、必ずご相談ください。

ページのトップへ戻る