メスを使わず ふっくらボリューム蘇る


"メンター美容整形外科の脂肪移植"は
自然なボリュームアップ見た目年齢を若返らせます。

脂肪移植について

脂肪移植とは ?

骨を削ったり人工物(プロテーゼ、ヒアルロン酸など)を使用しないで、自然で立体的なふくらみを実現します。
腹部や太ももなどから吸引した脂肪から不純物(死活細胞や老化細胞、血液、麻酔液など)を除去し、
生着率のよい健全な高純度·高濃度の脂肪細胞のみを気になる部分に移植します。
自身の組織を使用するため、異物感や拒否反応、アレルギーの心配がなく安全です。
シワの刻まれた額、こけた頬、落ちくぼんで精気がない上まぶた、低い鼻筋、加齢とともに目立ってきた法令線、
引っ込んだ顎などに注入して、ハリやボリュームを取り戻し、若々しい印象に仕上げます。

脂肪移植特徴

額のバランス、正面顔のバランス、側面顔のバランス、顎先のバランス、鼻根部のバランス

このような方にお勧め

  • 平べったい額やこめかみの凹み、眉間のシワが気になる場合
  • まぶたや頬がたるんでいる場合
  • 法令線やマリオネットラインが目立つ場合
  • 低い鼻を自然に高く、鼻筋をすっきりさせたい場合
  • 顔が非対称の場合
  • 顎が引っ込み顎先がない場合
  • 不自然な凹凸を改善し、ふっくらとハリのある肌を取り戻したい場合

脂肪移植手術部位

ヒップアップ⁄バックエイジング⁄傷跡改善⁄豊胸

手術方法

脂肪移植および採取部位デザイン

脂肪移植部位および注入量をデザイン後、脂肪の採取部位および採取量を決定します。
採取部は、通常、脂肪が豊富で容易に採取が可能な腹部、太もも、お尻のいずれかですが、
術後、凸凹しないよう適正量を採取することが重要です。

脂肪採取および分離 · 精製

採取した脂肪を遠心分離器にかけ、不純物(死活細胞や老化細胞、血液、麻酔液など)を除去し、
純度·質とともに高い濃縮脂肪を精製します。

マイクロ(微細)脂肪注入

脂肪を幹細胞単位まで微細に分離できる遠心分離方法が発達するにつれ考案された
特殊な微細注射器を用いて、塊単位の脂肪ではなく、良質でジェルのように滑らかなマイクロ(微細)脂肪単位で、
術前のデザインに応じて極微量ずつ層々に丁寧に注入していきます。
このように細胞を細分化させて移植することにより、非常に高い生着率を実現することができます。

術後管理

手術後、脂肪細胞注入部位の毛細血管新生が効果的に行われるよう、動きを与えないことが重要です。
術後2~4週間は、血管新生により栄養をもらえた脂肪細胞が生着する時期であるため、
むやみに触ったり刺激を与えないように心掛けてください。
特にこの期間の喫煙は体中の毛細血管を収縮させ血液循環を悪くするため、
脂肪は定着せず、吸収されてしまう割合が高くなります。
1~2か月間経過後、脂肪細胞の生着が相対的に不足した部位は、
以前の遠心分離後凍結保存した脂肪細胞を使用して、安全で簡単に追加注入が可能です。

手術前注意事項

  • 手術前の食事について

    局所麻酔の場合…軽食
    睡眠麻酔の場合…4時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)
    全身麻酔の場合…8時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)

  • 服装…普段着
    (サングラス·帽子·マフラー等、必要な方はご用意ください。マスクは当院で準備しております。)

    顔輪郭、胸手術を受けられる方
    (脱ぎ着しやすいゆったりとした前開きの服)

    脂肪移植、脂肪吸引手術を受けられる方
    (ゆったりとしたジャージやスウェット、スカート)

  • ネイル(両手両足)は必ず除去し、コンタクトレンズ、貴金属類はできるだけ外してご来院ください。

  • 服用中の薬やサプリメントがあれば必ず報告してください。

    例:鎮痛剤、 ビタミン剤、 ホルモン剤、 精神安定剤、 漢方薬など

  • 過去に罹患した大きな病気、現在治療中や経過観察中の疾患がある場合、必ず報告してください。

    例:出血性疾患、 糖尿、 高血圧、 肺結核、 感染症、 性病など

  • 手術当日の車の運転は厳禁です。

  • 手術の2週間前から禁酒、禁煙してください。

手術後注意事項

  • 手術後2~3日は、枕を高くしてお休みください。

  • 室内や室外で軽く身体を動かすことで、腫れ予防と術後の回復を促します。

  • 洗顔やシャワーは抜糸後翌日から可能です。

    抜糸前の手術創の水濡れは、炎症を起こすことがあります。

  • 手術当日より3日間は患部を冷やし(アイシング)、4日目からは温めて(ホットパック)ください。

  • 手術後少なくとも2~4週間は、眼鏡やサングラスの使用、手術部位を強く触る、擦る、掻くなど強い刺激を与える行為、飲酒、喫煙、サウナ、岩盤浴、激しい運動(大量の汗をかく)は控えてください。

  • 身体を深く曲げることや、頭が心臓の高さよりも下がるような姿勢は避けてください。

    手術部位に血液が集中し腫れやむくみが生じやすくなります。

  • 処方薬は、決められた時間、回数、量を守って服用してください。

    処方薬を服用しても効果がない、あるいは好ましくない作用があった場合は、自己判断せず、必ずご相談ください。

ページのトップへ戻る