たるみの根元から引き上げる


"メンター美容整形外科のフェイスリフト"は
 皮膚表面のみでなく、たるみの深部からしっかり引き上げ、
顔全体の深いシワやたるみなど1度の手術で解消し、半永久的な効果をもたらします。

フェイスリフトについて

フェイスリフトとは ?

加齢とともに深く刻まれてしまったシワや強いたるみを全体的に取り除き、
シャープですっきりとしたハリのあるフェイスラインを形成します。
単純に皮膚だけを引き上げつなぎ合わせるのではなく、深部にある皮下組織や筋肉の弛みを考慮し、
余分な筋膜組織SMAS(表在性筋膜)と脂肪組織を除去し、それぞれ引っ張りの強度と角度を異にして吊り上げます。
皮膚の土台となっている筋肉や筋膜まで引き上げるため、シワやたるみが戻らず、半永久的な効果が期待できます。

このような方にお勧め

  • 顔全体の大幅改善を望む場合
  • 加齢によりシワが目立ち、皮膚が垂れ下がっている場合
  • 半永久的に確実な効果を望む場合
  • ブルドッグ頬の場合
  • 他のリフティング手術だけでは満足できる効果が得られず再手術を望む場合

フェイスリフト手術部位

額⁄眉⁄上まぶた⁄下まぶた⁄頬⁄口角⁄首⁄顔全体

フェイスリフト特徴

SMAS(スマス)(表在性筋膜)

加齢が進むにつれ顔の皮膚だけではなく、顔の筋肉(表情筋)にもたるみが生じます。
フェイスリフトの原則は、加齢により下垂した皮膚だけでなく、
SMAS筋膜(superficial musculo-aponeurotic system)を引き上げて、
垂れ下がった組織を本来あった位置に戻してあげる(リボジショニング)ことです。
SMASは、下図のように皮下脂肪層の下にあり、
帽状腱膜(頭部) – 前頭筋(おでこ) – 浅側頭筋膜(こめかみ) – 広頚筋(首)と連続した表在性筋膜の一部を構成し、
頬部中央においては、大頬骨筋(口角)と強く結合し、この部位で浅層·深層に分かれて大頬骨筋を取り囲んでいます。
SMASは非常に薄いコラーゲン質の繊維状の筋膜で、皮膚を裏側から支える働きがあり、皮膚の土台の役目をしています。
そのため、SMASを構成しているコラーゲンの密度が減ったり、質が大きく低下したりすると、
皮膚にかかる重力に、SMASの皮膚を支える力が負けてしまい、皮膚の下垂が見られるようになります。
結果、法令線やマリオネットライン、ゴルゴラインなどが深くなり、顔に凹凸ができ、
いわゆるたるみ顔(ブルドッグ顔)になってしまいます。
このように、SMASがたるみにおいて果たしている役割はとても大きく、この部分の改善がたるみの改善においてとても重要です。
フェイスリフトにおいては、皮膚だけではなくSMASの処理がとても重要であり、
SMASの処理をしない方法では十分なリフトアップ効果は望めません。

手術方法

個々のシワやたるみの度合い、希望する効果の程度に応じて剥離範囲を決定し、
耳介前部〜耳垂〜耳介後部まで耳の輪郭に沿って皮膚切開線をデザインします。
デザインに沿って皮膚に切開を入れた後、垂れ下がった皮下脂肪層とSMAS層を剥離し、余分な脂肪組織やSMASを切除します。
SMASを耳前部の硬い側頭筋膜に固定し、たるんだ皮膚をしっかり引き上げます。

手術前注意事項

  • 手術前の食事について

    局所麻酔の場合…軽食
    睡眠麻酔の場合…4時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)
    全身麻酔の場合…8時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)

  • 服装…普段着
    (サングラス·帽子·マフラー等、必要な方はご用意ください。マスクは当院で準備しております。)

    顔輪郭、胸手術を受けられる方
    (脱ぎ着しやすいゆったりとした前開きの服)

    脂肪移植、脂肪吸引手術を受けられる方
    (ゆったりとしたジャージやスウェット、スカート)

  • ネイル(両手両足)は必ず除去し、コンタクトレンズ、貴金属類はできるだけ外してご来院ください。

  • 服用中の薬やサプリメントがあれば必ず報告してください。

    例:鎮痛剤、 ビタミン剤、 ホルモン剤、 精神安定剤、 漢方薬など

  • 過去に罹患した大きな病気、現在治療中や経過観察中の疾患がある場合、必ず報告してください。

    例:出血性疾患、 糖尿、 高血圧、 肺結核、 感染症、 性病など

  • 手術当日の車の運転は厳禁です。

  • 手術の2週間前から禁酒、禁煙してください。

手術後注意事項

  • 手術後2~3日は、枕を高くしてお休みください。

  • 室内や室外で軽く身体を動かすことで、腫れ予防と術後の回復を促します。

  • 洗顔やシャワーは抜糸後翌日から可能です。

    抜糸前の手術創の水濡れは、炎症を起こすことがあります。

  • 手術当日より3日間は患部を冷やし(アイシング)、4日目からは温めて(ホットパック)ください。

  • 手術後少なくとも2~4週間は、手術部位を強く触る、擦る、掻くなど強い刺激を与える行為、飲酒、喫煙、サウナ、岩盤浴、激しい運動(大量の汗をかく)は控えてください。

  • 身体を深く曲げることや、頭が心臓の高さよりも下がるような姿勢は避けてください。

    手術部位に血液が集中し腫れやむくみが生じやすくなります。

  • 処方薬は、決められた時間、回数、量を守って服用してください。

    処方薬を服用しても効果がない、あるいは好ましくない作用があった場合は、自己判断せず、必ずご相談ください。

ページのトップへ戻る