個々のさまざまな要素、理想を考慮したオーダーメイドデザイン


"メンター美容整形外科の目元拡大術"は
目の大きさや形、瞼の状態、顔全体のバランスなどあらゆる点を考慮し、
オーダーメイドで理想の目元
をデザインします。

目元拡大術について

目元拡大術とは ?

目を大きくする手術には、横幅を広げる「目頭切開」「目尻切開」、
縦幅を広げる「韓流目頭切開」「たれ目形成(グラマラスライン)」があります。
「目頭切開」は、目頭部分を覆っている蒙古ひだを除去し、目の横幅を広げ、大きくスッキリした目元を形成します。
目と目の距離が縮まり、鼻筋も通った印象になり、顔全体がメリハリのある垢抜けた雰囲気に整います。
「目尻切開」は、目尻部分を切開し、目の横と縦の幅を広げます。
切開時に粘膜を取り除くことで、手術後も元に戻ろうとする現象を防ぎ、切れ長で大きな目を形成します。
目尻からこめかみまでの距離が縮まり、顔全体のバランスを整え、小顔に見えるという相乗効果も生まれます。
「韓流目頭切開」は、蒙古襞を除去し、目頭を上方向に引き上げます。
眉間が狭い場合でも、目と目の距離を縮めることなく目の縦幅を広げ、大きくスッキリした目元を形成します。
「たれ目形成」は、下眼瞼縁(下瞼の睫毛の生え際)を、丸いカーブを描きながら引き下げ、
白目と黒目の露出を大きくすることで、目の外側が下方向に大きい優しげな印象のたれ目を形成します。
加えて、睫毛の生え際に皮膚の余りができることで涙袋のボリュームも増え、魅惑的な目元になるという効果も生まれます。

このような方にお勧め

目頭切開


  • 目の横幅を内側に広げたい場合
  • 蒙古ひだが発達していて目が小さく、視野が狭い場合
  • 蒙古ひだが発達していて目頭を覆い、目頭側の切れ込みがない場合
  • 平行型の二重ラインを望む場合
  • 蒙古ひだが張っていて、目と目の間が離れてみえる場合

目尻切開


  • 目の横幅を外側に広げたい場合
  • 目を大きく切れ長に見せたい場合
  • 目つきの改善を望む場合
  • 目尻の高さを移動したい場合

韓流目頭切開


  • 蒙古ひだが大きく発達している場合
  • 目元の腫れぼったさや、ぼやけた印象がコンプレックス
  • 目頭切開に興味はあるが、眉間が狭くならないか心配な場合
  • 目元の印象を変えたい場合

たれ目形成


  • たれ目(パンダ目)を望む場合
  • 目尻が吊り上がっていて、きつくみえる目元の改善
  • 優しく愛らしい目元を望む場合
  • 目頭切開、目尻切開では効果が少ない場合
  • 目尻から下瞼にかけてのカーブが直線的な場合
  • 目の縦幅が狭い場合

手術前注意事項

  • 手術前の食事について

    局所麻酔の場合…軽食
    睡眠麻酔の場合…4時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)
    全身麻酔の場合…8時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)

  • 服装…普段着
    (サングラス·帽子·マフラー等、必要な方はご用意ください。マスクは当院で準備しております。)

    顔輪郭、胸手術を受けられる方
    (脱ぎ着しやすいゆったりとした前開きの服)

    脂肪移植、脂肪吸引手術を受けられる方
    (ゆったりとしたジャージやスウェット、スカート)

  • ネイル(両手両足)は必ず除去し、コンタクトレンズ、貴金属類はできるだけ外してご来院ください。

  • 服用中の薬やサプリメントがあれば必ず報告してください。

    例:鎮痛剤、 ビタミン剤、 ホルモン剤、 精神安定剤、 漢方薬など

  • 過去に罹患した大きな病気、現在治療中や経過観察中の疾患がある場合、必ず報告してください。

    例:出血性疾患、 糖尿、 高血圧、 肺結核、 感染症、 性病など

  • 手術当日の車の運転は厳禁です。

  • 手術の2週間前から禁酒、禁煙してください。

手術後注意事項

  • 手術後2~3日は、枕を高くしてお休みください。

  • 室内や室外で軽く身体を動かすことで、腫れ予防と術後の回復を促します。

  • 洗顔やシャワーは抜糸後翌日から可能です。

    抜糸前の手術創の水濡れは、炎症を起こすことがあります。

  • 手術当日より3日間は患部を冷やし(アイシング)、4日目からは温めて(ホットパック)ください。

  • 手術後少なくとも2~4週間は、手術部位を強く触る、擦る、掻くなど強い刺激を与える行為、飲酒、喫煙、サウナ、岩盤浴、激しい運動(大量の汗をかく)は控えてください。

  • 身体を深く曲げることや、頭が心臓の高さよりも下がるような姿勢は避けてください。

    手術部位に血液が集中し腫れやむくみが生じやすくなります。

  • 処方薬は、決められた時間、回数、量を守って服用してください。

    処方薬を服用しても効果がない、あるいは好ましくない作用があった場合は、自己判断せず、必ずご相談ください。

ページのトップへ戻る