余分な脂肪 コンプレックス解消!


"メンター美容整形外科の副乳除去"は
最も安全で個々に適した施術方法を選定し、余分な乳腺組織を除去して
すっきり美しい自然な胸もとへと改善します。

副乳除去について

副乳除去とは ?

通常、人体の乳房の数は左右に1つずつですが、副乳とは乳房の数が過剰にみられる形態異常で、多乳房症ともいいます。
人間の進化の過程で消えたはずの乳房が偶然残ってしまったもので、乳腺堤(milk line)にあたる
ワキの下~乳頭~内腿の弓状線上にあり、女性の5~8%、男性2% 前後が副乳を持つといわれています。
ワキの下や通常の乳房の下などに多く、左右対称に現れることもあります。

乳腺組織のみで皮膚上の変化がないもの、ホクロやイボのように見える乳頭だけあるもの(多乳頭症)、
乳輪があるもの、乳房のような膨らみがあるものまで様々です。
副乳の自覚症状は個人差があり、一概には言えませんが、急激な体重変化、月経や妊娠·出産·授乳で、
正常乳腺と同様、大きさの変化や、張りを感じたり硬くなったりして痛みを伴い、分泌物が出る場合もあります。
多くの場合、そのような症状は一時的なものですが、
症状がひどい場合は、手術を通じて乳頭を含む皮膚や乳腺組織を除去することで改善されます。

このような方にお勧め

  • 乳房以外の乳腺堤上にしこりや膨らみを感じる場合
  • 体重が減少しても、ワキ周辺だけ脂肪が残っている場合
  • 肥満体型でもないのにワキ周辺だけ肉付きがよい場合
  • 乳房の境界が曖昧な場合
  • 月経前後にワキ周辺に違和感を感じる場合
  • 妊娠後または月経周期にあわせて、副乳が腫れたり痛みを感じる場合
  • 副乳から分泌物が出る場合
  • 副乳が大きくなったり痛みを感じる場合
  • 他院で受けた手術の修正

手術方法

副乳には乳頭だけの場合と、乳輪や乳腺まで発達している場合があり、
個々の大きさや組織構成に応じた最適な方法で施術します。

脂肪吸引

乳腺組織が少なく、副乳の下垂が軽微な場合の施術方法です。
ワキの下のシワに沿って0.5cm程度切開し、脂肪吸引後、乳腺組織を除去します。

乳腺組織除去

乳腺組織が多く、副乳が大きくて下垂が重度の場合の施術方法です。
ワキの下のシワに沿って1cm程度切開し、乳腺組織を除去します。
必要に応じて、脂肪や下垂した皮膚も一緒に除去することもあります。

手術前注意事項

  • 手術前の食事について

    局所麻酔の場合…軽食
    睡眠麻酔の場合…4時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)
    全身麻酔の場合…8時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)

  • 服装…普段着
    (サングラス·帽子·マフラー等、必要な方はご用意ください。マスクは当院で準備しております。)

    顔輪郭、胸手術を受けられる方
    (脱ぎ着しやすいゆったりとした前開きの服)

    脂肪移植、脂肪吸引手術を受けられる方
    (ゆったりとしたジャージやスウェット、スカート)

  • ネイル(両手両足)は必ず除去し、コンタクトレンズ、貴金属類はできるだけ外してご来院ください。

  • 服用中の薬やサプリメントがあれば必ず報告してください。

    例:鎮痛剤、 ビタミン剤、 ホルモン剤、 精神安定剤、 漢方薬など

  • 過去に罹患した大きな病気、現在治療中や経過観察中の疾患がある場合、必ず報告してください。

    例:出血性疾患、 糖尿、 高血圧、 肺結核、 感染症、 性病など

  • 手術当日の車の運転は厳禁です。

  • 手術の2週間前から禁酒、禁煙してください。

手術後注意事項

  • 施術当日は、ゆっくりお休みください。
    横になるよりも上体を起こして座るほうが良いです。

  • 室内や室外で軽く身体を動かすことで、腫れ予防と術後の回復を促します。

  • シャワーは抜糸後翌日から可能です。

    抜糸前の手術創の水濡れは、炎症を起こすことがあります。

  • 手術後2~4週間は、重い物を持ったり腕を上げたりなど上腕に負荷がかかる行為、手術部位を強く触る、擦る、掻くなど強い刺激を与える行為、飲酒、喫煙、サウナ、岩盤浴、激しい運動(大量の汗をかく)は控えてください。

  • 処方薬は、決められた時間、回数、量を守って服用してください。

    処方薬を服用しても効果がない、あるいは好ましくない作用があった場合は、自己判断せず、必ずご相談ください。

ページのトップへ戻る