柔らかく自然 自身の脂肪で美しいバストライン 脂肪注入豊胸


"メンター美容整形外科の脂肪注入豊胸"は
採取したご自身の脂肪から、純粋な脂肪細胞だけを抽出し胸部に注入します。
感触も動きも本物のバストと殆ど変わりなく、豊胸術の中で最も自然
バランスの良い美しいバストラインを形成します。

脂肪注入豊胸について

脂肪注入豊胸とは ?

人工物(プロテーゼ、ヒアルロン酸など)を使用しないで、ご自身の脂肪を注入することでバストアップを図る豊胸術です。
腹部や太ももなどから吸引した脂肪から不純物(死活細胞や老化細胞、血液、麻酔液など)を除去し、
健全な高純度の脂肪細胞のみを特別に開発された器具を用いて細分化注入することにより生着率も高く、
自然で美しいボリュームあるバストを形成します。
安全で身体への負担も少なく、豊胸と同時に脂肪吸引も行うため、部分痩身のダブル効果が期待できます。

脂肪注入豊胸特徴

  • 豊胸と気になる部分の痩身効果を同時に得ることができます。
  • 人工物を使用しないので、異物反応や違和感がありません。
  • 左右非対称や授乳後のバストの改善、プロテーゼ抜去後のバスト再生に効果的です。
  • 傷跡が残らず回復も早い為、日常生活に支障がありません。

手術方法

 メリット · デメリット

メリット

豊胸に加えて脂肪除去(部分痩身)という一石二鳥の効果を得ることができます。

腹部や大腿部など気になる部分の余分な脂肪をバストに注入できるので、全体的にボディバランスを整えることが可能です。

アレルギーや拒絶反応の心配がなく、生体適合性が高いです。

自身の脂肪を使用するため安全で、人工物挿入とは異なり術後の合併症や被膜拘縮など副作用のリスクが低いです。

極稀に炎症や壊死などの合併症がありますが、ほとんどの場合、異物感なく自然なボリュームアップが可能です。

人工物を挿入しないため、限りなく本物に近い柔らかさ、自然で美しいバストラインを実現します。

デメリット

注入した脂肪の一部は体内に吸収されてなくなります。

術後、生着しなかった一部の脂肪が体内に吸収されます。部分的な減少が見られる場合、追加注入が必要です。

脂肪注入によるしこりや石灰化のリスクがあります。

脂肪注入によるしこりや石灰化は乳がんになることはありませんが、
胸にしこりができた場合、乳がんか脂肪注入によるものなのかを判断するにはMRIなど精密検査が必要になります。

サイズアップの限界

どれだけ最新の技術を用いて丁寧に注入しても生着率に限界があり、
一度の施術で極端なボリュームアップは難しく、せいぜい2カップ程度が上限です。

手術前注意事項

  • 手術前の食事について

    局所麻酔の場合…軽食
    睡眠麻酔の場合…4時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)
    全身麻酔の場合…8時間前から絶飲食 (水·ガム·飴等 全て禁止)

  • 服装…普段着
    (サングラス·帽子·マフラー等、必要な方はご用意ください。マスクは当院で準備しております。)

    顔輪郭、胸手術を受けられる方
    (脱ぎ着しやすいゆったりとした前開きの服)

    脂肪移植、脂肪吸引手術を受けられる方
    (ゆったりとしたジャージやスウェット、スカート)

  • ネイル(両手両足)は必ず除去し、コンタクトレンズ、貴金属類はできるだけ外してご来院ください。

  • 服用中の薬やサプリメントがあれば必ず報告してください。

    例:鎮痛剤、 ビタミン剤、 ホルモン剤、 精神安定剤、 漢方薬など

  • 過去に罹患した大きな病気、現在治療中や経過観察中の疾患がある場合、必ず報告してください。

    例:出血性疾患、 糖尿、 高血圧、 肺結核、 感染症、 性病など

  • 手術当日の車の運転は厳禁です。

  • 手術の2週間前から禁酒、禁煙してください。

手術後注意事項

  • 施術当日は、ゆっくりお休みください。
    横になるよりも上体を起こして座るほうが良いです。

  • 室内や室外で軽く身体を動かすことで、腫れ予防と術後の回復を促します。

  • シャワーは抜糸後翌日から可能です。

    抜糸前の手術創の水濡れは、炎症を起こすことがあります。

  • 手術後2~4週間は、手術部位を強く触る、擦る、掻くなど強い刺激を与える行為、飲酒、喫煙、サウナ、岩盤浴、激しい運動(大量の汗をかく)は控えてください。

  • 処方薬は、決められた時間、回数、量を守って服用してください。

    処方薬を服用しても効果がない、あるいは好ましくない作用があった場合は、自己判断せず、必ずご相談ください。

ページのトップへ戻る